新型肺炎、静岡企業に波紋 出張自粛・観光に打撃

2020/1/27 19:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がるなか、静岡県内の企業は対策に追われている。製造業を中心に日本人社員の出張を自粛する動きが相次いでいるほか、中国政府が海外団体旅行を禁止したことで観光レジャー産業に影響が出ている。

現地では感染の猛威は広がっており、今後も多くの企業が出張を見合わせるなど企業活動への影響が続くとみられる。

スズキは日本人社員の武漢出張は緊急性や必要性の高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]