新型肺炎 中国5県の観光地 身構え

2020/1/27 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国内陸部の武漢を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受け、中国5県の自治体や企業などは情報収集を急ぐ。中国人客への依存度が低いため観光への影響は限定的とみられる。

外国人客が多い山口県下関市の唐戸市場は日英中韓4カ国語で手洗いやうがいを呼びかける張り紙を24日から市場の入り口などに掲示。市によると、春節になっても中国人客が特に増えたという印象はないという。山口市の湯田温…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]