米医療費高騰、大統領選の争点に
サービス価格 約12年ぶり伸び

2020/1/27 19:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=後藤達也、伴百江】米国で医療費高騰が大統領選の主要な争点の一つに浮上している。診療費などの上昇が止まらず、2019年末時点の医療関連のサービス価格の上昇率は約12年ぶりの高水準圏に達した。1人あたりの年間負担は1万ドル(約109万円)を超え、日欧の約2倍に達する。民主党の大統領候補らからは国民皆保険など公的負担の拡大論が相次ぐが、現状でも公的負担の膨張は続く。与野党の見解は激しく…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]