カーブスHD、初のスピンオフ上場 東証が承認

2020/1/27 20:30
保存
共有
印刷
その他

東京証券取引所は27日、フィットネス事業を展開するカーブスホールディングス(HD、東京・港)の新規上場を承認したと発表した。子会社と本体を資本関係のない独立した会社にする「スピンオフ」という制度が2017年に整備されて以来、国内初の適用例となる。

カーブスHDはカラオケ店「まねきねこ」などを運営するコシダカホールディングスの子会社。コシダカは19年10月にカーブスHDへのスピンオフを発表していた。

カーブスHDは3月2日付で東証に上場する見通し。公募株式は241万5000株。現時点の想定発行価格は1株720円。発行価格は2月20日に正式に決める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]