/

この記事は会員限定です

「子ども食堂」地域をつなぐ 世代超え交流、役割拡大

[有料会員限定]

子どもに無料または安価で食事を提供する「子ども食堂」。ここ数年で全国に広がり、2019年時点で3700カ所を超えた。食事が十分でない子どもを一時的に預かって食事を提供する場所という側面がある一方、地域の交流拠点としての役割も強まっている。専門家は「地域と子どもをつなぐ場になり得る」と期待する。

「ただいまー」「おかえりー」。1月中旬の平日午後、大阪市西成区の団地の一室に、学校帰りの小学生らが集まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1752文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン