/

この記事は会員限定です

アジアで形成されるか 新たなネット経済圏

タイムマシン経営の手本、米から中国に

[有料会員限定]

1月中旬、シンガポール新興メディアのディールストリートアジアがジャカルタで開催したカンファレンスで、中国スマートフォン大手の小米(シャオミ)の共同創業者、雷軍氏と共同でベンチャーキャピタル(VC)順為資本(シュンウェイ・キャピタル、本部・北京)を起こしたシンガポール人パートナー、コー・タックリエ氏と話す機会を得た。

中国VCにとって国内に資金を必要としている投資先は無限に近くあり海外に目を向ける暇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン