自民、新型肺炎で対策本部設置
岸田氏「政調全体で議論」

2020/1/27 18:00
保存
共有
印刷
その他

自民党は27日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に関する対策本部を設置し、党本部で初会合を開いた。岸田文雄政調会長は「局面が新たな段階に入ってきた。邦人の避難、観光や経済への影響など政調全体で議論しなければならない」と述べた。本部長には田村憲久政調会長代理が就いた。邦人の安全確保策や水際対策を議論する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]