新型肺炎、北海道観光に余波 「痛手」「最悪の時期」

2020/1/27 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の流行は、北海道内の観光関連企業にも影響を与え始めた。中国政府の指示で、同国から団体ツアー旅行が27日から一時禁止となった。中国人客は2019年夏から落ち込む韓国客を埋める貴重な存在。切り札を失った北海道内からは「大きな痛手」「最悪のタイミング」といった悲痛な声が漏れる。

ホテルではキャンセル連絡がひっきりなしだ。定山渓ホテル(札幌市)では2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]