/

この記事は会員限定です

海外の日本食レストラン 2年で3割増 農水省推計

[有料会員限定]

海外で日本食を提供するレストランの数が2019年は世界各地で15万6千店になったとの推計を農林水産省がまとめた。17年は11万8千店で、2年間で3割拡大した。特にアジアが1.5倍に拡大しており、中間層の増加などから日本食に親しむ人の裾野が広がっている。農水省は日本食レストランが増えることで農林水産物・食品の輸出の拡大につながると期待する。

各国の大使館や領事館が現地で「日本食レストラン」として扱わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り259文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン