/

この記事は会員限定です

新型肺炎、中国製造業に打撃 上海・蘇州で休業延長

[有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受けて、中国の製造業への影響が懸念されている。中国政府は春節(旧正月)連休の延長を決め、上海市やハイテク産業の集まる蘇州市は企業に休業の延長を通知した。ホンダなど中国進出の日本企業も生産計画の見直しを迫られる可能性がある。工場の稼働中止が長引けば、中国発の世界のサプライチェーン(供給網)に影響が及びそうだ。

中国政府は27日、春節(旧正月)に伴う連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン