/

東日本国際大の運営法人、福島の被災自治体と連携協定

東日本国際大学(福島県いわき市、吉村作治学長)の運営法人、昌平黌(しょうへいこう)は東日本大震災の被災地であるいわき市、楢葉町、富岡町、大熊町、双葉町など福島県内9市町村と復興を目指す連携協定を結んだ。東日本国際大は原子爆弾の開発地で放射能汚染問題を抱える米ワシントン州ハンフォード地域の研究をしている。福島県の自治体と連携し、廃炉や除染作業から関連産業を育成したハンフォードの事例を応用する可能性を探る。今後は現地の視察などを検討する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン