真風に大人の男の色気 宝塚歌劇宙組公演

文化往来
2020/2/3 2:00
保存
共有
印刷
その他

17世紀前半、仙台藩主の伊達政宗はスペインとの通商交渉のため「慶長遣欧使節団」を送り出した。今もスペインには、使節団の子孫ともいわれる「ハポン(日本)」姓を名のる人々がいるという。東京宝塚劇場で上演されている宝塚歌劇宙組のミュージカル「イスパニアのサムライ」(作・演出は大野拓史)は、そんな史実から発想したロマンあふれる舞台だ。

主人公は政宗の家臣、蒲田治道(真風涼帆)。政宗の護衛役の剣士だったが…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]