春季交渉、本格スタート 読み解く3つのキーワード

2020/1/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年の春季労使交渉(春闘)が28日、事実上スタートする。経済のグローバル化やデジタル化が進んで日本型の雇用制度が転換期を迎えるなか、春闘のテーマも従業員の賃金を一律で改善することから、働き手の状況に応じた環境・制度整備に重点が移りつつある。今年の春闘のポイントを「脱一律」と「人への投資」、「格差是正」という3つのキーワードから読み解く。

■脱一律

経団連は21日に経営側の交渉指針である経営労…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]