田村さと子さん「現場感覚」でラテンアメリカ文学翻訳

文化往来
2020/2/1 2:00
保存
共有
印刷
その他

ラテンアメリカ文学の翻訳家、研究者で詩人の田村さと子さんが72歳で亡くなった。30年以上親交を結んだコロンビアのノーベル賞作家、ガブリエル・ガルシア=マルケスをはじめラテンアメリカの作家や詩人と交友。2011年にマルケスの代表作「百年の孤独」などの舞台となったコロンビアのカリブ海地方を旅して「百年の孤独を歩く」を出版した。詩人として中南米各地で開催される国際的な詩のフェスティバルにも足しげく通っ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]