7/10 23:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「コロナTOB」にくすぶる不満 ファミマが異例の高値[有料会員限定]
  2. 2位: REIT時価総額、物流型が一時トップに コロナで揺らぐ投資尺…[有料会員限定]
  3. 3位: ユーザベース、増資で需給悪化懸念 個人投資家が売り(話題の株…
  4. 4位: コニカミノルタ、21年ぶり安値 在宅勤務で事務機不振(銘柄診…
  5. 5位: 株主提案へ賛成3割超 JR九州など9社で、統治に批判[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,290.81 -238.48
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,290 -190

[PR]

記者の目

フォローする

楽天「経済圏」の価値、市場とのズレ4兆円
証券部 斎藤正弘

2020/1/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽天が成長のタネ作りに本腰を入れ始めた。23日に2020年4月の開始を目指す携帯電話事業の無料試験サービスで2万人の追加募集を発表。同日中に枠が埋まる人気ぶりで、今後、ネットワークの安定稼働の最終確認を進める。軌道に乗れば主力のネット通販だけでなく、決済や銀行などグループの様々なサービスとの相乗効果が見込め、「楽天経済圏」の市場価値も跳ね上がる。

楽天はネット通販「楽天市場」のほか、旅行や金融、音楽、雑誌、電力、スポーツなど様々な分野でサービスを提供。人々の生活圏に深く入り込む。サービスを相互利用すると、高ポイント還元や優遇措置などの利点があり、使えば使うほどお得になる仕組みにしている。

では、その潜在価値は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

読まれたコラム