横河電機、AIがプラント「聴診」 正常音をモデル化

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/1/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横河電機が石油化学プラントから発せられる音に着目した運用管理の技術の実用化を目指している。人工知能(AI)による分析を生かし、正常に稼働している音をモデル化している。周波数や音量の乖離(かいり)の程度などを比較することで異常を調べる。経験が豊かな熟練者によるチェックに頼らずに済み、品質の改善支援などのサービスも視野に入れる。

石油化学プラントは長大なパイプラインで構成される。これらのパイプライン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]