/

この記事は会員限定です

新型肺炎の円高インパクト、通貨別に温度差も

経済部 斉藤雄太

[有料会員限定]

27日午前の外国為替市場では対ドルの円相場が一時、1ドル=108円70銭台と前週末の東京市場終値から80銭ほど上がり、米国とイランの軍事的緊張が高まった8日以来の円高・ドル安水準を付けた。中国で発生した新型肺炎の被害が広がり、景気の先行きへの不安が強まったことから、リスクオフ(回避)の円買いの動きが出た。ただ、その後は1ドル=109円前後で推移し、投資家は実体経済への波及度合いを慎重に見極めようと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り654文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン