新型肺炎どこまで怖い? 根拠なお不足
中国以外の分析が重要に

新型肺炎
安藤 淳
編集委員
2020/1/27 12:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎患者が急増している。世界保健機関(WHO)は感染拡大のリスクについて、中国では「非常に高い」ものの、世界的には「中程度」との認識を変えていないが、正確な評価のための科学的根拠がなお不足している。やみくもに怖がるのではなく、最悪の事態は想定しつつも、感染力や毒性、どんな症状のときに最も他人にうつしやすいのかなどを冷静に見極めたうえで対応する必要がある。

「新型コロナウイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]