官房長官 新型肺炎で国内観光業への対策、必要性検討

2020/1/27 11:46 (2020/1/27 12:08更新)
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎に関し、中国人観光客の動向など国内観光業への影響について「どの程度の期間、影響を及ぼすのかじっくりと情報収集し、状況を注視したい」と述べた。「どのような対策が必要か、しっかり検討していきたい」とも語った。

中国政府は新型肺炎への対応で、海外団体旅行の中止を命じている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]