イオン、武漢駐在の日本人社員の大半を帰国へ

2020/1/27 10:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンは27日、新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中国湖北省武漢市に駐在している日本人社員12人の大半を帰国させる方針を決めた。イオンは武漢で総合スーパー(GMS)の営業を続けており、12人のうち、営業に必要な最低限の人員を残して希望者を帰国させる。政府が用意する見通しのチャーター機を使って帰…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]