日経平均483円安 下げ幅今年最大、新型肺炎拡大で

2020/1/27 9:09
保存
共有
印刷
その他

27日の東京株式市場で日経平均株価は急反落し、前週末比483円67銭(2.03%)安の2万3343円51銭で終えた。下げ幅は今年最大で2019年3月25日以来、約10カ月ぶりの大きさとなった。新型肺炎の感染拡大が世界景気に悪影響をもたらすとの見方から、運用リスクを回避する目的の売りがかさんだ。中東情勢を巡る緊張感も高まり、投資家心理を冷やした。

中国政府が25日、国内の旅行会社に対し、日本を含む…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]