/

この記事は会員限定です

東京製鉄・西本利一社長 鉄鋼需要戻らず、市況厳しい

月曜経済観測

[有料会員限定]

鉄鋼市況が昨夏から崩れた。米中の貿易摩擦や中東情勢の緊迫で低迷は続くのか。鉄スクラップを原料に鉄鋼製品を製造する電炉メーカーの最大手、東京製鉄の西本利一社長に聞いた。

――鉄鋼市況が崩れた主因は、やはり中国経済の減速なのでしょうか。

「主因は中国ではない。たしかに米中の貿易摩擦が激しくなり、自動車生産が落ちた影響で中国でも鋼板価格は下げた。ただ、中国政府は貿易摩擦の影響を抑える狙いで建設投資を増やし、建材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン