中国の新型肺炎、世界経済に影
死者56人・患者2000人超 日本は4例目

新型肺炎
2020/1/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

【北京=多部田俊輔、上海=張勇祥】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者は26日までに56人となり、患者数は2千人を超えた。習近平(シー・ジンピン)指導部は政策総動員で感染拡大を封じ込める構えだが、内外で止まらない。重症急性呼吸器症候群(SARS=サーズ)が流行した2003年当時と比べ中国の存在感は格段に高まっている。日米両政府が武漢市に在留する自国民を退避させるなど、人の…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]