自民・稲田氏、公文書の保存期間「見直し必要」
桜を見る会巡り

2020/1/26 12:47
保存
共有
印刷
その他

桜を見る会で参加者と記念写真に納まる安倍首相(東京・新宿御苑)

桜を見る会で参加者と記念写真に納まる安倍首相(東京・新宿御苑)

自民党の稲田朋美幹事長代行は26日のNHK番組で、首相主催の「桜を見る会」に関し公文書の保存期間のルール見直しを主張した。招待者名簿を個人情報保護のために1年未満で廃棄していたなどとする政府の主張について「保存期間が良かったのかどうか見直しが必要だ」と述べた。「公文書は民主主義の基盤だから管理の方策を徹底的に検討する」と話した。

立憲民主党の福山哲郎幹事長は「全ての混乱の責任は安倍晋三首相にある」と批判した。国民民主党の平野博文幹事長は「行政監視機能の著しい低下の証左だ」と指摘した。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「公文書は廃棄せずデジタル化し保存すべきだ。一元管理の方法をきちんと法律で定めるべきだ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]