東レ子会社、炭素繊維複合材の3Dプリンター開発

2020/1/25 21:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東レ子会社の東レエンジニアリングは炭素繊維複合材(CFRP)を使って自動車部品などを作る3Dプリンターを開発した。型枠を作りながら、その中にペースト状のCFRPを充填させて成形する。従来と異なり、CFRPの特性である高い強度も再現でき、部品への活用に精度の高い試作品作成などが可能になる。2020年度にも販売を開始する。

東レエンジが3Dプリンターを手掛けるのは初めて。ナブテスコとその子会社で3D…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]