/

この記事は会員限定です

古河電工 30年めどに走行中のEVに無線充電

[有料会員限定]

古河電気工業は電気自動車(EV)などに無線で電力を供給する技術を開発した。受電器に使うコイルを小さくして、受電器の重さをこれまでの約6分の1に抑えることができたという。2030年には走行中のEVに給電できるようにし、年間50億円の売り上げをめざす。充電設備不足の解消の一助とし、EVの普及を促す。

古河電工は、絶縁体を挟み、2つの電極の間に生じる電界を利用して給電する方式を採用した。高い周波数で電気を流すと相手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン