/

この記事は会員限定です

新型肺炎、高まる初動批判 習指導部、対策の前面に

(更新) [有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が世界に広がるなか、中国国内では地方政府の初期対応の遅れに批判が集中している。習近平(シー・ジンピン)指導部は25日、共産党最高幹部による会議を開き、中央主導で対策を進める方針を明確にした。30億元(約500億円)を投じ、専門病院を約10日間で建設するなど感染拡大の封じ込めを急ぐ。

「武漢の対応は明らかに遅く、全面的に(患者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン