関西テレビに放送倫理違反 BPO、岩井さん発言で

2020/1/25 11:52
保存
共有
印刷
その他

放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は25日までに、関西テレビのバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」が、韓国を「手首切るブスみたいなもん」とした作家の岩井志麻子さんの発言を放送したことが、人種や国籍への差別に当たるとして「放送倫理に違反」とする意見を公表した。

問題となったのは、昨年4月6日と5月18日の放送回。関テレの外部有識者委員会は昨年9月に「韓国人などを侮辱する表現で、放送されるべきではなかった」との見解を出しており、検証委は内容を追認した。

検証委の意見書は、番組制作者が刺激的な表現により「ギリギリのラインを攻める」のを視聴者が期待していると認識して生じた問題と指摘。記者会見した検証委の中野剛委員は「現場や経営陣にラインである放送倫理への深い理解があれば、どこかの段階で放送するのを見直すことができた」と話した。

関西テレビは「BPOの意見を真摯に、重く受け止めている。今後の番組制作に生かすとともに、視聴者の皆さまからの信頼回復に努める」とのコメントを出した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]