/

C・クリステンセン氏死去 「イノベーションのジレンマ」

米ハーバード大経営大学院のクレイトン・クリステンセン教授(写真左、2011年撮影)と、著書「イノベーションのジレンマ」

企業のイノベーションに関する研究で知られる米ハーバード大経営大学院教授のクレイトン・クリステンセン氏が1月23日、米東部マサチューセッツ州ボストンで死去した。67歳だった。米メディアによると、白血病のため闘病生活を送っていた。

経営コンサルティング会社勤務などを経て1990年代に米ハーバード大経営大学院の教員となり、企業経営の分野で精力的な執筆活動を展開。「イノベーションのジレンマ」など邦訳された著作も多く、企業のイノベーションに関する研究の第一人者と目されていた。(ニューヨーク=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン