米兵負傷者34人に増加、イランによる空爆で

トランプ政権
中東・アフリカ
2020/1/25 4:07
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】米国防総省のホフマン報道官は24日の記者会見で、1月上旬に起きたイランによるイラク駐留米軍に対する空爆で米兵34人が負傷したと明らかにした。いずれも空爆の衝撃による脳振盪(しんとう)や脳損傷の症状があり、8人は米国に移送された。米政権は当初、死傷者はゼロと説明し、16日に11人が負傷したと修正していた。

ホフマン氏によると、9人がドイツで治療を続け、17人はイラクでの任務を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]