量子技術開発、政府が行程表 実用化へ企業関与カギ

2020/1/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代の高速計算機「量子コンピューター」をはじめとする量子技術の実現に向け、政府は今後10~20年を見据えた研究開発の行程表(ロードマップ)を決定した。日本は基礎研究で優れた成果をあげてきたが、米中などに比べ、実用化の取り組みでは後れが目立つ。行程表を実行に移すには、企業も巻き込んだ体制づくりが欠かせない。

政府は21日の統合イノベーション戦略推進会議で「量子技術イノベーション戦略」を決めた。量…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]