省エネビル、19年は登録半減 賃料への転嫁難しく

エレクトロニクス
住建・不動産
2020/1/24 22:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビルの省エネ化が進まない。国が推進する省エネビル「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)」の2019年の認定数は前年から半減した。省エネビルは建築コストが高く、類似の制度を持つ米国と比べても普及が進まない。環境対応などで企業を選別する「ESG」の動きが広がる中、ビルは置き去りになっている。

ZEBや類似制度の認定は16年4月から本格的に始まり、事務所などに使う建物として計76件が登録されている…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]