/

この記事は会員限定です

窮地の太陽光、未稼働なお5割 資金調達が壁に KKR系、投資活用の新手法

[有料会員限定]

固定価格買い取り制度(FIT)の認定を取得したが建設が進まない太陽光発電所の「未稼働案件」が深刻になっている。資金調達の問題で、事業用の出力10キロワット以上の案件では認定を受けたうちの約半分が未稼働だ。外資ファンド系は投資家や年金基金から出資を募る新たな手法の開発を始める。政府は2030年度に再生可能エネルギーを主力電源にする方針で、7%を太陽光でカバーする目標をたてるが、未稼働案件の改善が目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン