窮地の太陽光、未稼働なお5割 資金調達が壁に KKR系、投資活用の新手法

2020/1/24 22:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

固定価格買い取り制度(FIT)の認定を取得したが建設が進まない太陽光発電所の「未稼働案件」が深刻になっている。資金調達の問題で、事業用の出力10キロワット以上の案件では認定を受けたうちの約半分が未稼働だ。外資ファンド系は投資家や年金基金から出資を募る新たな手法の開発を始める。政府は2030年度に再生可能エネルギーを主力電源にする方針で、7%を太陽光でカバーする目標をたてるが、未稼働案件の改善が目…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]