ワークマンが2月末に楽天撤退 「送料無料」受け

2020/1/24 21:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「楽天市場」から撤退するワークマンは自社のネット通販サイトを刷新し、商品を店頭で受け取りやすい仕組みにする

「楽天市場」から撤退するワークマンは自社のネット通販サイトを刷新し、商品を店頭で受け取りやすい仕組みにする

作業服販売大手のワークマンが、楽天が運営するネット通販サイト「楽天市場」から2月末に撤退することが分かった。自社のネット通販サイトを刷新し、商品を店頭で受け取りやすい仕組みに変え、実店舗への集客や配送コストの削減を進める。楽天が出店者に事実上の送料の負担増を強いる「送料無料」を打ち出したこともあり、自社サイトの利用を促す。

アパレル通販サイト運営のZOZOが出店者の意向に関係なく、有料会員向けに一律割引するサービスを打ち出し、オンワードホールディングスなど大手アパレルの離反を招いた例がある。機能性や低価格で若い女性らにも顧客を広げ、ブランド力や認知度を近年高めているワークマンが撤退することで、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]