「グリーンスワン」が迫る変革 ダボス会議閉幕

ヨーロッパ
2020/1/24 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ダボス(スイス東部)=石川潤、奥平和行】世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)が24日、閉幕した。1971年の発足から50回目となる今回の会議では、歯止めが掛からない気候変動への警戒と、その原因でもある株主資本主義の限界を指摘する発言が相次いだ。気候変動対応はもはや遠いリスクではなく、企業が生き残るための条件となりつつある。政府や企業は変革を迫られている。

「市場経済の革新力や技…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]