/

この記事は会員限定です

経済学者、企業の参謀に 最新理論でビジネスに貢献

[有料会員限定]

ミクロ経済学者が企業と組む動きが出てきた。学者が経済学や数学の知見をもとに助言し、企業は通販サイトの運営などに生かす。海外では「ダイナミックプライシング」(変動価格)など学者の見方をビジネスに生かすケースが増えてきた。日本の学者も、企業の参謀として活躍しそうだ。

米エール大学の成田悠輔助教授は今冬、衣料通販サイト「ゾゾタウン」の研究開発チーム「ZOZO研究所青山」と共同研究を始めた。経済理論を生か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン