千葉女児虐待死から1年「悲劇繰り返さぬ」

2020/1/24 20:44
保存
共有
印刷
その他

父から虐待を受けていた千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10)が死亡してから24日で1年。県や市は「悲劇を繰り返さない」と、児童相談所との連携強化や職員研修などを進める。一方、対策の影響で児相の一時保護所では児童数が急増し、定員超過が常態化している。

「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」

2017年11月、心愛さんは学校のアンケートで父、勇一郎被告(42…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]