/

この記事は会員限定です

茨城「通い方改革」に期待 職員に公共交通の利用促す

(こだま)

[有料会員限定]

茨城に赴任して4カ月、予想以上の車社会だと実感する。道路が整備されているのは企業誘致には強みだが、車を運転しない筆者は正直、私生活でも不便さを感じる。

JR水戸駅から直線距離で4キロメートル以上離れた県本庁舎は象徴的だ。約2200台を収容できる職員駐車場はマイカーであふれ、抽選に漏れて利用できない職員もいると聞く。そんな県が4月から仕組みを見直す。

JR常磐線や水戸線など主要路線の沿線で、最寄り駅...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン