埼玉県、新型肺炎の相談窓口設置

2020/1/24 19:35
保存
共有
印刷
その他

埼玉県は24日、中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスに関する相談窓口を設置した。武漢市に渡航歴がある人や患者と濃厚接触した人で、発熱などの症状がある場合に電話で相談に応じる。医療機関を受診すべき症状の場合は、受け入れられる医療機関を調整する。

対象者は国立感染症研究所の症例定義に準じた(1)発熱とせきなどの呼吸器症状がある(2)武漢市への渡航歴がある――などの要件を満たす人。平日の昼間(午前8時半~午後5時15分)は各保健所、週末や夜間は県の保健医療政策課などが対応する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]