地震の経済被害、24時間内に推計 神戸大が予測式開発

2020/1/24 19:27
保存
共有
印刷
その他

神戸大学は24日、震度5以上の地震が発生した際に各都道府県が被った経済的な被害額を24時間以内に推計できる予測式を開発したと発表した。過去の大地震では被害額の推計に2週間以上を要するのが通例だった。被害額の迅速な推計により、発災後の復旧・復興の迅速化や効率化に役立つと期待している。

神戸大の豊田利久特命教授(災害経済学)が防災科学技術研究所と共同で、2018年6月から研究を進めていた。予測式を用…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]