/

五輪まで半年、花火やライトアップで祝う 東京・台場

2020年東京五輪の開幕まで半年となった24日、東京・お台場で記念式典が開かれ、巨大な五輪マークのモニュメントが初点灯された。

「3、2、1、どうぞ!」。カウントダウンと共に横約33メートルの巨大な五輪のシンボルマークに光がともされ、海上には約600発の花火が次々と打ち上げられてお台場の海を照らした。8月9日の五輪最終日まで、夜間は点灯させるという。

初点灯のボタンを押した東京都の小池百合子知事は「あと6カ月に迫った東京大会の成功に向けてさらに結束していく。五輪もパラも大いに盛り上がる大会に進めていきたい」と気を引き締めた。元サッカー日本女子代表の丸山桂里奈さんは「現役で五輪に出場したが、さらに母国で五輪ができたら最高だなと思っていた」と半年後に思いをはせた。

都は東京大会に向けて機運を高めようと、都立お台場海浜公園(東京・港)の海上に巨大な五輪のシンボルマークを17日に設置した。サイズは横約33メートル、縦約15メートルで、重さは約69トン。お台場海浜公園は東京大会でトライアスロンなどが実施される。

今後、八王子市にある高尾山、渋谷区の代々木公園などにも五輪マークのモニュメントが設置される予定。五輪閉幕後は、パラリンピックのシンボルマークに切り替わる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン