ベトナム石炭火力、環境相「再検討」で波紋 既存計画多く

2020/1/24 20:03
保存
共有
印刷
その他

日本企業が主導するベトナムでの石炭火力発電所の建設計画について、小泉進次郎環境相が24日、再検討を訴えた。米国と中国の企業が建設を請け負うことに疑問を呈しているが、プロジェクトには国際協力銀行(JBIC)などが融資を検討している。国際的に批判が強まる石炭火力を巡る問題であるだけに、政府内にも波紋が広がっている。

「輸出すれば30年以上、相手国の政策をロックしかねない」。24日の閣議後の記者会見で…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]