新型肺炎の感染拡大、北関東も警戒強まる

2020/1/24 18:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に北関東の自治体や観光関係者も警戒を強めている。25日の春節(旧正月)の前後で多くの中国人の来日が見込まれるなか、茨城空港(茨城県小美玉市)では水際対策に力を入れ、群馬県は訪日客向けにマスクの着用など咳(せき)エチケットを呼びかけるリーフレットを独自に作成する。

茨城空港には中国からの航空便が定期、チャーター合わせて5路線就航してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]