「未利用」の廃プラ、18年ぶり増 中国輸入規制で

2020/1/24 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国のプラスチックごみ(廃プラ)の輸入規制を受け、日本国内のごみの滞留が顕在化してきた。2018年にリサイクルされず国内で埋め立てもしくは焼却処理された「未利用」廃プラは18年ぶりに増えた。環境省は日本の処理会社に増産投資を呼びかけるが動きは鈍い。アジアで輸入規制が広がり、この先も国内で未利用の廃プラが増える可能性が高まる。

プラスチック循環利用協会(東京・中央)によると、18年に国内で発生した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]