北朝鮮外相に軍人起用 米朝協議、停滞強まる

北朝鮮
2020/1/24 18:30
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮が外相に軍人出身で対韓国政策の責任者を務めた李善権(リ・ソングォン)氏を起用した。金正恩(キム・ジョンウン)委員長は核戦力を増強する路線を示しており、米国との非核化交渉には引き続き強い姿勢で臨むとみられる。米朝協議が滞った懲罰人事との観測もある。米朝関係は今後、一段と膠着の度合いを深める公算が大きい。

23日の朝鮮中央放送によると、李善権氏は北朝鮮駐在の外交官を招いた宴…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]