/

この記事は会員限定です

[社説]日航の破綻と再生が示す教訓

[有料会員限定]

「日本の翼」と称された日本航空が2010年1月に会社更生法の適用を申請して10年がたった。同社の破綻と復活の航路から浮かび上がるのは、企業経営や事業再生についての貴重な教訓だ。

日航破綻の直接の引き金は08年の世界金融危機による需要の急減だが、それ以前から同社は高コスト体質や不安定な労使関係、「最後は政府が助けてくれる」という危機感の欠如が顕著だった。

ライバルの全日本空輸が自力で危機を乗り切る一方で、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン