[社説]日航の破綻と再生が示す教訓

社説
2020/1/25 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「日本の翼」と称された日本航空が2010年1月に会社更生法の適用を申請して10年がたった。同社の破綻と復活の航路から浮かび上がるのは、企業経営や事業再生についての貴重な教訓だ。

日航破綻の直接の引き金は08年の世界金融危機による需要の急減だが、それ以前から同社は高コスト体質や不安定な労使関係、「最後は政府が助けてくれる」という危機感の欠如が顕著だった。

ライバルの全日本空輸が自力で危機を乗り切る…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]