/

木材から高強度の「マイクロ」繊維 スギノマシン

工作機械のスギノマシン(富山県魚津市)は樹脂製造のタカギセイコーや富山県立大学と共同で、木材が原料のセルロースナノファイバーより繊維を太くするセルロースマイクロファイバーを開発した。繊維の太さが数マイクロメートルあり、表面のみをナノ化したことで、樹脂に添加した時の引っ張り強度が高いなどの特徴を生みだした。スギノマシンはセルロースナノファイバーの開発も手掛けているが、繊維が細く、樹脂への添加が難航していた。軽量化につながる新技術として自動車メーカーの需要を開拓する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン