日本酒のWAKAZE 仏産原料でワインと勝負

2020/1/28 14:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本酒のスタートアップ企業、WAKAZE(山形県鶴岡市)がパリの酒蔵で生産を始めた。日本では酒税法の規制で事実上、新規参入できないため、どぶろくだけ自ら手掛け、清酒の生産は委託している。海外に進出するのは本格的な酒造りのためだ。フランスのコメと水を使い「SAKE」市場を開拓する。

創業前を含め5年間、夢見た純米酒づくりがフランスでかなった――。稲川琢磨社長は19年秋、パリ近郊に酒蔵「クラ・グラン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]