/

この記事は会員限定です

日本酒のWAKAZE 仏産原料でワインと勝負

[有料会員限定]

日本酒のスタートアップ企業、WAKAZE(山形県鶴岡市)がパリの酒蔵で生産を始めた。日本では酒税法の規制で事実上、新規参入できないため、どぶろくだけ自ら手掛け、清酒の生産は委託している。海外に進出するのは本格的な酒造りのためだ。フランスのコメと水を使い「SAKE」市場を開拓する。

創業前を含め5年間、夢見た純米酒づくりがフランスでかなった――。稲川琢磨社長は19年秋、パリ近郊に酒蔵「クラ・グラン・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り997文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン