/

中国・湖北省への渡航中止勧告 外務省、新型肺炎で

外務省は24日、新型コロナウイルスによる肺炎発生に関し、中国・湖北省の感染症危険情報を渡航中止を勧告するレベル3に引き上げたと発表した。

これまで湖北省武漢市は4段階の危険レベルで不要不急の渡航中止を促すレベル2だった。今回は湖北省全体に対象を広げる。湖北省以外の中国についてはレベル1を維持する。

茂木敏充外相は同日の記者会見で、武漢市で約710人の在留邦人を把握していると明らかにした。現地大使館などを通じて安否確認を進めているとも説明した。

茂木氏は「感染の地理的拡大が懸念される。これまで以上に丁寧かつ、きめ細かな情報提供をしていく」と語った。外務省は省内に情報を集約するためのタスクフォースも設置した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型肺炎

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン